toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05
     現在の閲覧者数:

紹介記事 

やるせない怒りと悲しみが募る
大浦湾・・
辺野古1 ここが埋め立てられる
(2016年6月)

沖縄タイムスの社説を紹介します。(長いです)

「辺野古から 博治さんへ」「沖縄は絶対諦めない」 2017年2月7日

山城博治さん、あなたが辺野古・高江の反対運動に絡む三つの罪で逮捕・起訴され、
名護署の留置場や那覇拘置所に長期勾留されてから、6日で113日が経ちました。
病を抱える身でありながら、弁護士以外、家族さえ接見できないという
あまりにも異常な状態が続いてます。

私たちはあなたから直接話を聞くことができず、あなたは身柄を拘束され
辺野古に行くことができません。
ならば、と、こういう手紙形式の社説を思いつきました。

博治さん。政府は6日朝、名護市辺野古の新基地建設に向け、
海上での工事に着手しました。
最大で約14トンもある大型コンクリート製ブロックをクレーンで台船から
作業船に積み替える作業です。

翁長雄志知事や稲嶺進名護市長らが建設計画の撤回を求めて訪米した直後に、
県と協議もせずに、一方的に作業に踏み切ったのです。
自民党の二階俊博幹事長でさえ、「沖縄の理解を十分に得られていない状況」だと
いうことを認めざるを得ませんでした。

ブロックは汚濁防止膜が強風などで流されないように固定するためのもので、
7日以降、228個のブロックが海底に投下されることになっています。
想像するだけで胸がえぐられる思いがします。

 沖縄の切実な声よりも米軍の都合と軍事上の要求が優先され、辺野古への
「高機能基地」の建設が目的化してしまっているのです。
あの美しい海は、埋め立てればもう元に戻りません。
新基地建設に反対する市民らは、工事車両が基地に入るのを阻止しようと、
キャンプ・シュワブのゲート前に座り込み、精一杯の抵抗を試みました。

 博治さんの不在の穴をみんなで埋め合わせているような、決意と危機感の
入り交じった空気と言えばいいのでしょうか。

 反対側の歩道で折りたたみ式の簡易イスに座って様子を見守っていたのは
島袋文子さん(87)でした。
「動悸がしてドクターストップがかかっている」というのに、居ても立ってもいられず、
現場に駆け付けたのだそうです。

 機動隊員が一人一人を3、4人がかりでごぼう抜きし始めたため、現場は悲鳴と怒号が
飛び交い、騒然とした雰囲気になりました。「暴力はやめろ」「海を壊すな」「沖縄は絶対諦めない」

 驚いたのは文子さんの行動でした。イスから立ち上がって道を渡り、付き添いの女性に両脇を
抱えられながら、ひるむことなく機動隊の前に進み出て、抗議の声を上げたのです。
「戦争の中から逃げるのはこんなもんじゃないよ」と文子さんは言います。

 沖縄の戦中・戦後の歴史体験に触れることなしに、新基地建設反対運動を
深く理解することはできない。
翁長知事が政府との協議の中で何度も強調してきたことですが、正面から
受け止めることがありません。

作家の中野重治は、日中戦争前の1928年に発表された「春さきの風」という小説の最後で、
こんな言葉を書き付けています。「わたしらは侮辱のなかに生きています」。
この言葉は今の沖縄にこそあてはまると言うべきでしょう。

問題は、強権的な基地建設だけではありません。国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは、
博治さんの釈放を求める緊急行動を始めました。国連の「被拘禁者人権原則」は、「家族や弁護士との
間のコミュニケーションは、数日間以上拒否されてはならない」とうたっています。

 かつて悪性リンパ腫の治療を受け、今も体調が万全でないにもかかわらず、3カ月余も勾留が続き、
家族も接見できない状態になっているのです。

 政治的意図に基づく長期勾留であるのは明らかであり、人権侵害の疑いさえある、
と言わなければなりません。

 博治さん。拘置所の狭い空間の中では一人ですが、外の世界では決して一人ではありません。
県内や国内だけでなく海外からも、多くの励ましの声が届いていることをお伝えしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然は一度壊したら二度と元には戻りません。
辺野古2
(2016年6月・大浦湾)

国が主動し沖縄いじめと差別、分断を行っている。
私たち本土の人間も加害者
自分たちには降りかからないと思っている限り・・

スポンサーサイト


雑記帳  :  trackback 0   :  comment 0    top

考えたいこと 

知らなかった(*_*; もうっ
知らないうちに、どんどん進む自衛隊の米軍支援。
日米両政府は、新たな日米物品役務相互提供協定(新ACSA)に署名したそうです。
昨年、成立した安保法制に基づき自衛隊と米軍が相互に物品や役務を融通しあう
取り決めをおこなったのです。
大変なことになってきました。
物品には、燃料や弾薬も含まれるそうです。
戦闘地域で米軍の後方支援を自衛隊が行う・・ 一番狙われる兵站
今の臨時国会で、新ACSA協定の承認を求めるそうです。

アメリカの始めた戦争に、自ら巻き込まれるなんて狂っているとしか思えません。
これでもまだ無関心ですか?

   雨粒5
  
先日、紹介した「武器輸出と日本企業」(著者:望月衣塑子)を読み終え、
この国は亡国になるかもしれないそんなふうに思えた・・
世界中で無人爆撃機の開発競争がおこなわれている。
日本も足を踏み入れた。
無人爆撃機を数千キロ離れたところに飛ばし攻撃する・・
民間人が巻き込まれ多くの命が犠牲となる
アメリカの国益だけのために、権力を持つモノがこの国をさし出しているとしか思えない。

本の中に戦後初の東大総長(15代)南原繁さんの「南原繁 教育改革・大学改革集」が紹介されていた。
東大では現在でも軍事研究禁止を「南原三原則」と呼ぶ人もいるそうです。
その紹介の中から引用紹介します
「国の政治に何か重大な変化や転機が起きるときは、その前兆として現れるのが、まず教育と学問への
干渉と圧迫である。われわれは、満州事変以来の苦い経験によって、それを言うのである」
「大切なことは政治が教育を支配し、変更するのではなく、教育こそいずれの政党の政治からも中立し
むしろ政治の変わらざる指針となるべきものと考える。・・・いまの時代に必要なものは、実に真理と正義
を愛する真に自由の人間の育成であり、そういう人間が我が国家社会を支え、その担い手になってこそ
祖国をしてふたたびゆるぎない民主主義と文化的平和国家たらしめることができる」

とても心に響くものでした。


雑記帳  :  trackback 0   :  comment 0    top

1泊2日 若者宅 

先週、若者宅の給湯器が壊れ、取り換えることになり、工事が今日9日。
けれど若者、仕事が休めずSOSの連絡が入り、私が立ち会うことになり
1泊2日の若者宅滞在。
マンションの規約で、土日の工事は禁止されているので、平日のみの工事。
昨日は、近くの温泉に入る予定だったので、給湯器が使えなくたって平気と
思っていたら「本日休館日」の立て札
大きなお鍋にお湯を沸かして、水と合わせて温度調整しジョウロに入れて
シャワーの代用 意外と使えますが夏限定。

5時22分 日の出
2016908船橋5時22分
台風の影響で雨降り予報でしたが、この時点では晴れ。
でも上空に灰色の雲が横たわり、太陽が雲に隠れると少しずつ雨模様。

新しい給湯器、お湯の出方まで違うカンジ 快適~
夕方の新幹線で戻ってきました。

        こ寿々(こすず)鎌倉
        小鈴々わらびもち わらびもち
     東京駅のecuteで偶然見つけて
     懐かしくて購入しちゃいました 期間限定の出店
     

昨日(7日)おとうさんが送ってきました
2016908ミイ1 ミイ
そして今日も、私のベッドで寝ていたそうな・・・
今夜も私のベッドで爆睡zz
このところ私のベッドで寝るのはグレ坊だったけれど、入れ替わったのかしら?


雑記帳  :  trackback 0   :  comment 0    top

ギュギュッと学びの金沢 

20、21日と1泊2日、暑い金沢でした
会場へ行く途中で見かけて・・
2016820尾山神社1 尾上神社神門
尾上神社(江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社)
加賀藩の藩祖前田利家(主祭神)
西洋文化の影響により建築様式を模して建造された。
帰りに詳しく見学することに

金沢で行われたTPPのシンポジウムと学習会に参加してきました。
コーディネーターの内田聖子さん(アジア太平洋資料センター事務局長)のお話は
以前から、ぜひ聞きたいと思っていたので、今回は金沢へ

       このまま批准してもいいの?
       続・そうだったのか!TPP
            24の疑問
       2016820TPP 100円
     編集・発行:TPPテキスト分析チーム

TPPという言葉は聞いたことがあるけど、詳しくはわからない・・
関税が、かけられなく海外から安いものが、たくさん入ってくるからいいわ。
そんなカンジの方も多いかもTPPですが、実は、私たちの命の根幹にかかわることだとしたら
今回は、TPPと食の安全が中心のお話。

果糖・甘味料・液糖の多くはGMトウモロコシから作られています。
ペットボトル飲料の表示を見ると使われていますね。
そして第3のビールの原料コーンスターチ・液糖はGMに切り替え(今年に入り・大手メーカー)
その他、コーンを原料としたお菓子など・・
私たちは、知らず知らずに毎日、多くのGM食品を食べています。

日本は世界一GM(遺伝子組み換え)作物承認国家。
流通しているGM作物は大豆、トウモロコシ、菜種、綿実。
例えば、大豆を使った食品の表示に「遺伝子組み換え」とは書きにくいし、積極的に書きたくない・・
GMと非GMを分別していない(混ざっている)場合は「不分別」と表示することになっているので
実際にGMを使っていても「遺伝子組み換え」と書く必要がない(混入5%ルール)甘~いルール
油や醤油などは表示義務がないなど、抜け道があり、GM表示がとても不充分。
この表示義務を強化させないと、TPP発効後に、表示義務を厳しくすることは不可能。
EUは、ほとんど全ての食べものに表示している。
米国は、日本の食に関しては「規制緩和しろ!」と言っている。

規制とは、事業者による行きすぎた利益追求から、私たちの生きる権利・安心して暮らす権利・
国家の主権を守るためにつくられたもので、必要なものをこわせないということ。

米国で1990年代に遺伝子組み換え作物が登場し20年。
GM、添加物、農薬に、子どもたちの健康が侵されていると気づいた若いおかあさんたちが、
子どもと家族の健康を守りたいと立ち上がり、声を広げているそうです。
台湾では、今年に入り学校衛生法が改正され、給食にGM作物、食品を使わないことが決められた。

TPPの前から、規制緩和が進んでいる日本。
食品アレルギーを持つ子どもたちが増加している日本。なぜ?
そういう疑問を持ちながら、私たちをとりまく暮らしを見つめなおして学ぶと見えてくるものがあるはず。

誰のための規制緩和・TPPなのか?
大企業と富裕層(1%)が、さらなる富を得るためのルール。
日本の中にも、いかに格差が広がっても収益さえ上げられればいいと考える人がいる(竹中平蔵)
世界の富の87.7%を所有する、全世界の上位10%の富裕層。
日本でも2%の富裕層が純資産1億2000万円以上の富を得ている一方で、貧困率は6人に1人(2014年)
ひとり親など大人の一人の世帯に限れば貧困率は54.6%⇒先進国で最悪の水準。

急いでTPPを批准する必要もないのに、9月の国会で論議されるそうです。
そして11月中に、批准するつもりらしい。
しかし国会議員の中で、TPPの文書を読んで理解している議員は一人くらいだとか・・ なぬっ!?
なにも知らない学ばない人たちが論議なんて、ありえないっ そんなのが国会議員
アメリカもまだ批准していない。
TPPは日米が批准しなければ発効しない。
食の問題だけではなく、私たちのすべての暮らし生き方にまで関わるTPPのこと
まずは身近な人と話しをしてくださいネ。

さて尾上神社です。
神門への階段をあがり、通り抜けると境内
尾上神社前田利家 境内から見た神門
一番上ところはステンドグラスです。
神社らしくない造りですが、神門の扉などの木彫り装飾はすばらしい。
金沢の歴史に触れました。


雑記帳  :  trackback 0   :  comment 0    top

アカバナユウゲショウ 

昨日は仕事曜日。
夜8時過ぎに帰宅すると、おとうさんパジャマ姿 どうしたの?熱があるの?
昨夜7時ころ、外でギャーギャー聞こえるから出ていったらシマシマシッポが
タヌキを威嚇していたところに出くわした。
タヌキが逃げ出したので追いかけて追い払おうとしたら、雨で濡れた草に足を
取られて滑って転んだとか 痛ッ!
右肩、腰を強打し大変で・・救急車を呼ぼうかと思ったくらいだった
今日になって右脇肋骨に痛み (*_*; 私の経験から言うと 軽くひびが入っていると思うのだが・・
26日のバトルで、シマシマシッポは右目を怪我した。
以前、クロシマ君も右目付近を怪我してきたことがあった。
恐るべしタヌキ。

ハッちゃんベビーシッター
2016628チビッコ保育1
シマシマシッポの子どもたちを世話するハッちゃん。

 2016628チビッコ保育2 にゃに?
 鼻黒ちゃんキリリッ

シマシマシッポのケガをした目はだいぶ開くようになり食欲旺盛です。

 1ヶ月ほど前に分けていただいた・・
 2016629花? ユウゲショウ(夕化粧)
 根付いて花芽をつけた。
 4弁花のかわいらしい小さな花
 アカバナ科マツヨイグサ属多年草(アカバナユウゲショウとも呼ぶ)

上から眺めるのが好き
2016627グレ坊 なにか?
空気を読まないグレ坊は自由気まま思いつくまま
人に気を使うなんてしない
そこがまたいい
オテンバですが^^;))


雑記帳  :  trackback 0   :  comment 0    top