toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09
     現在の閲覧者数:

北陸で視て学ぶ+美味しい2日感 

16、17日は市の関連の研修視察で、美浜原発PRセンターと東尋坊に行ってきました。
朝、6時50分、出発一路、美浜町を目指します。
昼食は、敦賀の「日本海さかな街」で、海鮮丼美味しかった

美浜町へは、14:20ころ到着。
福井県の美浜町は、その名の通り、とても景色の美しいところ。
その景色を壊すように現れる美浜原発(関西電力)
こじんまりとしています。

PRセンターのホールでお話を聞く。(エアカウンター0.21μ㏜/hでした)
スクリーンに映し出された、北陸地図に記された15機の原発を見てドキッ恐ろしい・・
美浜原発は、稼働から42年〜43年経過の1、2号機は、廃炉検討中(美浜原発は3機)
稼働期間は原則40年とされたが、最長20年延長できることになりました。
2016年7月時点で、稼働期間40年の原発を延長するためには、2015年7月までに
「特別点検」を行い原子力規制委員会に申請しなければならないそうです。
美浜原発では、1回限りの延長を求めて申請中。

使用済み核燃料は、現在1000体あるそうですよ(2000体収容できるプラント有)
再稼働すれば7〜8年後には満杯。
処理方法がない使用済み核燃料を増やしてどうする?・・
敦賀にある高速増殖炉もんじゅに期待している説明でしたが、これまでに1兆円以上
投入した「もんじゅ」・・いまだ失敗ばかり・・無理なんですけど。
六ヶ所村に送るのでとも言ってたけど、そっちも失敗つづき
美浜町3 の中からスマホカメラ
美浜町の海。凪の海・・ため息が出るほど美しい。
「原発立地条件」
1.硬い岩盤 2.大量の水(海水) 3.広い敷地 4.地元の皆さまのご理解
この4条件に合致した美浜。でもひとたび事故が起きたら・・

宿泊は、大江戸温泉物語・芦原温泉あわらいいお宿でした
食事(バイキング)ヨシ!、お湯ヨシ!

17日
東尋坊で自殺防止活動をされているNPO法人 心に響く文集・編集局の
理事長 茂幸雄さんのお話を聞きました(自殺防止活動) 。
自殺しようと岩場に立っている人の悩みを聞いて、自立するまでサポートすると
聞いて、驚きました。すごいことですね。
自殺を思いとどまらせるだけでは、問題は解決してないってこと。
東尋坊
素晴らしい景色

お話を聞いたあと、1時間ごとに行うパトロールで行くところを
一緒に行き、説明を受けました。
東尋坊1 柱状節理
飛び降りる人が多い場所(海まで25mほどの高さ)ぶるるっ
ちょっと下を覗いてみましたが、お腹がゾゾッなりました。
自殺をしようとする人の多くは、人眼を気にするので、午後から夕方やってきて
暗くなってから岩場にと立つそうです。
パトロールの方は、自殺しそうな人は、だいたいわかるので、気に留めつつ
声をかけるタイミングを待つと仰っていました。

東尋坊タワーのすぐ近くにサポートセンターがあります。
         東尋坊おろしもち
ここで自殺しようとする人の話を、じっくり聞くために、「おろしもち」を
提供して、2〜3時間を費やして話を聞くそうです。おもちは「ふるさとの味」。
自殺防止の地道な活動に頭が下がります。

東尋坊の岩場に立っていた人(504人)が、どういう理由で自殺しようとしたのかを
まとめた結果のお話もありました。
親子の断絶、職場内でのトラブル、学校でのイジメが多いそうです。

東尋坊の安山岩の柱状節理に見入ってしまいますが、そこには人生を終わらせようと
する人がやってくるところでもあると思うと複雑な心境に。。。
辛い思いを話せる、聞く、人とのつながり、より所となる場所が大切ですね。

ギュッと詰まった学びの2日間でした。
帰りは、金沢の近江町市場に寄ってランチタイムでしたが、私はランチをパスして
市場内を見て歩き、のどくろの一夜干しや金沢レンコンなどを購入。
一大観光市場楽しみました
2015年3月、北陸新幹線開通で、ぐっと北陸が近くなります
関連記事
スポンサーサイト


信州Note  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toromogu.blog13.fc2.com/tb.php/4956-3a235452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top