toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08
     現在の閲覧者数:

大好き柑橘&十九 

朝、カーテンを開けたら、真っ白。
陽ざしが木々の枝に積もった雪を溶かしていく。

陽ざしが出ると、やってくるメジロ
201526メジロ
スィートスプリングのおすそ分け。
201526ヒヨドリ  
どうした?ヒヨドリ。何かあった?
朝、一番乗りしたヒヨドリは、木々の枝に刺したおすそ分け柑橘を独り占めしてたけど・・

仕事から帰宅すると、地酒3本が冷蔵庫に入ってました。
宮島酒店に行ってきたんだって。
この前、行ったとき気になっていた
    十九の900円版。
    201526十九
  平成弐拾伍酒造年度
  無濾過生原酒中取り←中取りとは、搾りのなかで一番いいところのこと。
  原料米(長野県産) 米こうじ(長野県産米)
  醸造アルコール
  アルコール分19度
  アル添の十九ですが、スッキリとした味。
  フルーティーだけど独特の香りがあります。
   アルコール分19度と高いゆえに濃いカンジです。
   この価格なら、一度は飲んでみたらと思います。

おとうさんが、注文した辛子めんたいこが届き、それを少し周りが
カリッとなるまで焼き、おつまみにしました。そりゃもう美味しい あざ〜っす
ちなみにアル添については敬遠する方もいますが、本来、アル添は
吟醸香を引き出すための技法でもあるんですね。
江戸時代、腐敗防止のために、日本酒に焼酎(日本酒の搾り粕からつくられた)を
添加していたそうですよ。
奥が深いですね。
地元の酒蔵、ちょっと見直してみません?
関連記事
スポンサーサイト


信州Note  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toromogu.blog13.fc2.com/tb.php/5072-a84fd4b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top