toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11
     現在の閲覧者数:

今 手に取る本「ある憲兵の記録」 

いや〜暑かった 最高気温28℃
夏日でした(*_*;
信州特有の気温差です。
毎日のように霜予報が出ているんですよ。
最低気温8℃最高気温27℃気温差19℃困っちゃいますね。

キジバト
2015427キジバト え〜いっ
日陰で片足立ちストレッチ
陽ざしの中で、エサを食べたあとは、水を飲んで日陰に入ります。

2015427キュウリグサ  キュウリグサ
雑草ですが、水色に黄色の可愛らしい花。
由来は、葉を揉むとキュウリのようなニオイがすることからだそうですよ。

2015427タンポポ綿毛
夕陽がタンポポの綿毛を染める
やわらかい綿毛がほわりと応える
明日は旅立ちかな
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
数年前、神田の古本屋さんのワゴンセールで購入した文庫本5冊
4冊は、すぐに読み終えたけど、なかなか手が付かなかった1冊。
昨日から読み始めた・・
     聞き書き「ある憲兵の記録」朝日新聞山形支局
      2015427ある憲兵の記録
          1991年発行
「日本鬼子(日本の鬼め)!」と叫んだ中国の人びとの声が今も耳を離れない。
旧満州国関東軍憲兵はそう懺悔する。
東北の一農村青年が、どのようにして恐ろしい憲兵となっていったか。
どのような手段で反満抗日分子を弾圧したのか。
そして戦後十年の抑留生活の中で、どのように罪を自覚していったか。
自らの半生を語る主人公の言葉は、強い平和への願いと深い悔悟の
念に貫かれている。(裏表紙文)

当時の教育、時代の流れ、国家の意図を反映した地域社会により
若者が軍人となっていく素地をつくっていったことがわかります。
これは今を生きる私たちの社会でも起こっていること。
本当に恐ろしいと思います。
情報操作に踊らされ、その時々の雰囲気に流されて、頭の上から爆弾が
落ちてきて気づいたなんてことのないようにしたいもの。
畑の虫、一匹殺しても罰が当たると思っていた若者さえ
「お国のため」そう信じ込まされて、自分という人間を捨てて鬼になる・・
関連記事
スポンサーサイト


信州Note  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toromogu.blog13.fc2.com/tb.php/5148-f17ce317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top