toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06
     現在の閲覧者数:

大圓寺へ 

昨日に比べ、やや肌寒い10日。
若者、午前の早い新幹線で戻っていきました。
チビッコたちは玄関で見送り またね〜

若者を駅まで送ったあと、友人に教えてもらった大圓寺に行ってきました。
カタクリの花は、終わりに近かったものの一面に咲く花色にため息がでます。
2016410大圓寺カタクリ1
立ち入り禁止になっているので、正面の写真が撮れません。
花のほとんどが背中を向けています (*_*; こっち向いて~
2016410大圓寺桜1
ユリ科カタクリ属(多年草)
かつては、鱗茎から抽出していたデンプンを片栗粉としていましたが、精製量が少ないために
ジャガイモから抽出したデンプンが用いられています。(馬鈴薯澱粉)

近くに、イカリソウの花が咲いていました。
我が家のイカリソウ、ようやく花芽が持ち上がってきたところ。

大圓寺山門(南側)
2016410大圓寺カタクリ2

大圓寺 参道(かつての?途中から畑のようになっていました)
2016410大圓寺桜2
スゴイ!枝垂桜です。
桜の木の下から見上げる花は、風に揺られてふわりふわり
境内の桜は、これから開くところです。

青空だと、桜が映えるのですが、今日は薄曇り・・LUMIXとスマホで写しましたが
桜の薄色と曇り空が同化してしまって、白っぽく見えます (*_*;
車で移動いていると、あちこちに桜の木が、このときとばかりに主張していますね。
小学校や中学校の校庭、企業の敷地、ため池の周囲と気づくことが多い桜。
葉桜になり季節が移りかわると、その存在さえ忘れてしまいます。
桜(全般)の花言葉 「精神の美」「優美な女性」などがあるそうですよ。
静かな大圓寺、心穏やかな時間でした。
関連記事
スポンサーサイト


信州Note  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toromogu.blog13.fc2.com/tb.php/5432-84cfd5a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top