toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12
     現在の閲覧者数:

仔猫の保護 

お疲れモード満載の身体 (*_*;
午前、午後と会議で、帰宅したら、柔らかい香りが窓から入る風に運ばれてくる

 2016607バラ
 友人が届けてくれたバラ
 今年も、優しい色と香りに出会えて、感謝です。

朝、出かけるとき、仔猫の鳴き声を聞き、外に出てみるとご近所さんの
物置小屋の床下から、仔猫が飛び出してきて遊んでいた。
シマシマシッポが出てきて、我が家へ向かってくる。
やっぱりシマシマシッポは、子育て中だった・・
私は、そのまま出かけて、おとうさんが見守ることになった。
2016608シマシマシッポ1
シマシマシッポ授乳中
おとうさんが近づいても警戒はしなかった(ゴハンの人って認識?^^;)
ご近所さんが近づくと、威嚇していたという。

ご近所さん、シマシマシッポ一家に気づいて、物置の中をガタガタと
物音を立てて、追い出しを図ったらしい。
仔猫たちのミィミィ声に、我が家のチビッコたち、洗面所の窓に釘づけで
朝寝もお昼寝もできなかったそうな。
近くの側溝に避難していたシマシマシッポの子どもたち。
保護できるものなら保護したい・・不幸なネコにしたくない
そう思い、チビッコたちを保護した一匹でも犬ねこを救う会のスタッフNさんに連絡をして
捕獲方法と注意事項を聞いて、おとうさんと保護することに決めた・・できるかな・・
一抹の不安を抱えながら、側溝を覗くと、モグラをカシカシしている仔猫
おとうさんによると、仔猫は4匹。
私が確認できたのは3匹。
2016608シマシマシッポ2
まだ目が青い

おとうさん皮の手袋をつけて、捕獲準備。
私は、小さなダンボール箱を用意して待機
一番小さい仔を、おとうさんが捕獲し私が受け取り箱に入れる
もう1匹、おとうさんが手にしたとき、メッチャ大きな声で鳴き、シマシマシッポが
シッポを大きくして追いかけてきた。
そこでシマシマシッポに返したが、仔猫がパニックになり、水の流れている側溝に落ちた。
おとうさんが急いで助けて、シマシマシッポに返した・・

玄関に入れた段ボール箱の匂いを、代わるがわり嗅ぐチビッコたち。
外で起こった仔猫騒動は、不安を呼び起こしたようで、落ち着かない。
箱の中は静まり返ったまま・・
仔猫の保護預りは、一匹でも犬ねこを救う会のNさんが引き受けてくださった。
保護ネコ
夜、写真付きメールが届く。
ミルクを飲ませ、ご飯も自分で食べ、親を呼んで鳴いている・・(*_*;
体重は軽いけれど、カワイイ男子ということでした。
おとうさんと私、ホッとしました。

2016607ミイ なんか落ち着かない・・
チビッコたちも疲れ果てたようです。

母猫から子どもを引き離すのは、かわいそうだと思いますが、この子猫たちの中で
女の子がいれば、秋には仔猫を産む可能性が高い。
ですから仔猫のうちに保護して避妊・去勢手術を行うことが大切。
母猫も、子育てが終わると、また次の妊娠となり出産の連鎖となるので母猫を捕獲し
避妊手術を受けさせることも重要です。とNさんのお話。

「今夜、ず〜っと仔猫たちの夢を見るかもな・・」と、おとうさん。
あと3匹の保護できるかな?
最終目標は、シマシマシッポの避妊手術→地域ネコにする
できるかな?
今日は、みんなお疲れさま~(*_*; ヘトヘトのわたし~

シマシマシッポ、暗くなり始めたころ、ゴハンを食べにやってきた。
関連記事
スポンサーサイト


信州Note  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toromogu.blog13.fc2.com/tb.php/5480-ecc98e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top