toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08
     現在の閲覧者数:

懲りる仔、懲りない仔 

凍み凍みの晴天の18日
北側に止めてあるご近所の車は真っ白の霜
私は午前は会議、午後は学習会(*_*;
お昼に家に戻り、チビッコたちにベランダ開放~

陽ざしをあびる 
1218mii アタシは懲りている
 この時間帯なら、屋根も大丈夫なはず・・
DSC_0239(182)(1)1218gure.jpg 機会があれば何度でも・・
心配なのは、懲りないグレ坊

帰省中だった、おとうさんが戻ってきたので、チビッコたちをバトンタッチ。
今朝は、私の布団の中、右腕にグレ、左腕にミイと満員御礼状態。
今夜から、おとうさんと分かち合えるチビッコたち^^;

17時15分
DSC_0244(162)(1)1218.jpg

午後の学習会は、「PKOと自衛隊の駆けつけ警護とは?」
PKO(国際平和協力法の国連平和維持活動の参加にあたっての基本方針いわゆる
PKO参加5原則についてや「新任務付与に関する基本的な考え方」という政府の文書
などの資料を読み合わせて、何が書かれているのかを話し合い討論する場となりました。

誰が現場の自衛隊に駆けつけ警護の要請するのかも不明。国連?日本政府?
PKOとは本来、停戦合意の下、現地に入り中立な活動を行うものだったはず・・でも
それが変わったのが、94年のルワンダの大虐殺。
PKOは撤退し住民を守ることができなかった。
これが国際社会から批判され、PKOの最優先の任務は「住民保護」と国連安保理で決議。
つまり停戦合意が破られようが、撤退する必要がなくなった・・PKOリスク型へ転換。
ということは、日本のPKO参加5原則はもう意味がない
あくまでも「PKO5原則を満たした上で」の自衛隊派遣と発言している政権です。
そして5原則のひとつに「紛争当事者の間で停戦が成立していること」とあるのですが
南スーダンにおいては、治安状況は悪く、多くの市民が殺傷される事態が度々生じている
けれど、反主流派の内、マシャール派は国家に準ずる組織ではないので、PKO法上の
「武力紛争」が発生したとは考えていない。としています。
停戦合意がとれるだけの組織じゃないから、武力紛争じゃないって言ってますが・・武力紛争でしょ。
つまりすでに矛盾しています。

長~い説明になるので、端折りますが、とにかく矛盾の多い文書。これがまかり通ってしまう。
恐ろしいことです。
何が目的なのかしら?
改憲へのトビラを開く
戦争する国へ突き進む
武器商人ニッポン
国連安保理の常任理事国入り(敵国条項を外してもらわないと日本は入れない)

私の頭では、うまく整理できないことばかり(*_*;初耳も多くて
次回までに、もう少しわかっていなきゃ・・
そうそう日本は09年に、ジブチに自衛隊の基地をつくったことをご存じですか?
関連記事
スポンサーサイト


信州Note  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toromogu.blog13.fc2.com/tb.php/5636-9d746680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top