toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06
     現在の閲覧者数:

凍てついた18日 

-11℃ 午前6時の気温 (゚△゚;ノ)ノ  バリバリのバリヒ
凍てついた朝

庭のあちこち盛り上がっている
DSC_0237(203)(1)118霜柱  バリバリ霜柱
踏むとザッザクッ

  コメツガの枝に残った雪が凍りついて
    DSC_0236(226)(1)118ツララ(1) ツララ
   陽ざしがツララを溶かしはじめる

昨日、外に出たい!と、チビッコたちの強烈アピールに「そこまで言うなら行こう!」と
リードを付けて、外に出たチビッコたちは、雪かきした雪の山を見て、即行戻ったそうな。
玄関開けたら、リード付きのままコタツに直行だったとか・・
なので、今日は、ベランダに出たい!と、しつこいアピール。
ですが、1階の屋根には、まだ雪が残っており滑る危険があるので却下。
こんなときは、チビッコお互い八つ当たり・・

キャットウォークでアクロバット
DSC_0251グレ118 逆さま
何が見えるかな? 身体の柔らかさお墨付き

ホカホカのお昼寝
DSC_0234(227)(1)118mii.jpg
どうやら陽ざしの入る場所は、ミイが独占
グレは、おとうさんの部屋で丸ベッドにホカホカ付きを独り占め

一昨日の夜の、昨日の朝、仕事場駐車場の雪かきと連続雪かきで腰痛
今日は、ゆっくり曜日のはずが、午後連絡が入った
「mogumiさん、今日は学習会ですよ。」
え”っ!スケジュール表に書いてない・・「今から行きます
介護に関する、新総合事業と地域包括ケアシステムへの課題本を読み合わせた学習。
4月からの介護保険の適用から外される要支援1.2についての介護予防・生活支援
サービス事業の位置づけなど、2014年に厚生労働省が示したガイドライン案の内容に
ビックリしました。
訪問型・通所型サービスAは基準が緩和され、ホームヘルパーの資格がなくても
一定の研修さえ受ければ(無資格でもOK)、訪問サービスが提供できる。
訪問事業者も無資格者でよいとされているそうです。
通所サービスAは、看護職員、生活相談員、機能訓練指導員の配置の必要がなく
従事者(資格不問)が「利用者15人に1人」配置されるだけでよいという基準。
つまり無資格者によりサービス提供を可能にしています。
これは非常に恐ろしいことですね。
事故や体調不調のときに、看護師などのプロがいなくて適切な対応できるでしょうか・・
他にも、訪問型・通所型サービスB(住民主体による支援)は、無償・有償ボランティア等に
よる住民主体の支援で、NPOなどの支援実施主体に対する補助方式。
人員・設備・についての基準はなく、「清潔保持」「秘密保持」「事故対応」などが運営基準。
無資格でもできる仕事ではないはずです。
サービスの質の低下や働く人たちの労働条件の引き下げなど問題は大きい。
また総合事業のサービスだけの利用が考えられる場合は、介護認定を省略し
「基本のチェックリスト」で、事業を受ける対象者にできるそうです。
これは介護認定の申請をさせない・・つまり介護保険サービスを利用させない方向に
誘導していく政策に向かっているということでした。
地域に、自治会へ介護予防・介護と押しつけてくる行政です。
「福祉とはなんでしょうか?」と発言された方の言葉が心に残った午後のひととき。

関連記事
スポンサーサイト


信州Note  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toromogu.blog13.fc2.com/tb.php/5661-5dcde76d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top