toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06
     現在の閲覧者数:

百聞は一見に如かず沖縄 

梅雨入りした沖縄に行ってきました。(14日から17日)

月桃の花の時期で至るところで見ることができます。
月桃

今回も昨年と同じように、レンタカーを使っての3泊4日。

15日の午前は、平和丸に乗せてもらい大浦湾にでました。
大浦湾フロート
昨年は、撤去されていたフロートが浮かべられ、埋め立てに向けた
護岸工事が始まっていました。

14日に基地で行われたフェスティバルで、オスプレイが公開展示されたそうで
まだキャンプシュワブ内にありました。(写真の赤丸)黒いプロペラが見えます。
シュワブ
写真の黒丸は、テトラポットです。埋立てに使われるもので高さ3m、重さ20トン。

護岸工事の様子
2017515ooura4  
砂浜と木々の境目に見えるものは、高さ3mのコンクリート壁。
手前では、ダンプが荷台を傾け石を下ろしています。ザザッーという音がひびく。
オレンジ色のフロートには、侵入されないよう鉄の棒がつけられ、
ロープが張られている。とても物々しい・・

自然破壊反対、辺野古新基地建設の抗議のカヌー隊が、フロートを乗り越えると。。
2017515ooura5
それを見ていた海保が動く。ときにはカヌーをひっくり返すこともある・・
ボートに引き上げられて、事情聴収され1時間後に解放される。
目の前で繰り広げられる抗議行動。
私たちの乗っている船の周囲にも海保や防衛局の船がいて見張っている。

キャンプシュワブの沿岸部に建設されるV字形滑走路は172ヘクタール
海面より10メートル高く埋めるために使われる土砂は21000立方メートル
東京ドーム17個分、10㌧トラック340万台分 (*_*; この数字凄すぎ

辺野古・大浦湾には5800種以上の生物がいる。そのうち1300種は分類
されていない生物とか・・貴重な生物が調査されることもなく殺されるということ・・

午後は、キャンプシュワブの工事用ゲート前で座り込み
2017515ゲート前 排除されて
必ず動画を撮っている。マスク・サングラス姿
隣りの人と腕を組んでいましたが、機動隊員が力づくで、指一本一本を
引き剥がされ、その痛かったこと。
そしてかけていたサングラスが外れ目の下瞼にガツンとあたり痛かった。
忘れない痛み・・
空洞の目をした機動隊員も忘れない。

百聞は一見に如かず。
ぜひ、辺野古・大浦湾へ行って見てほしい。
グラスボートに乗り自然豊かな大浦湾の生物たちをグラスボートに見てほしい。
ゲート前で起きていることを見てほしい。
戦争するための基地はいらない。
関連記事
スポンサーサイト


信州Note  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toromogu.blog13.fc2.com/tb.php/5741-c372e8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top