toromogu's blog

怠惰な日々

小さな命を守りたい!

一匹でも犬・ねこを救う会
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11
     現在の閲覧者数:

読みたい本「日本軍と日本兵」米軍報告書は語る 

現代ビジネス掲載 2014年1月17日
米軍が見た日本軍「日本軍と日本兵」著者:一之瀬俊也氏インタビュー記事、これは興味をひきます。

米軍が見た日本軍『日本軍と日本兵』著者:一之瀬俊也氏インタビュー ← コチラからどうぞ

日露戦争で日本軍兵士は精神力が強くなく、集団で脱走することが多発したことから
戦後に「精神教育」が強化されたそうです。『降伏するなら死ぬまで戦え』という理論が
強く唱えられ、これが1941年「戦陣訓」として明文化されたものだそうです。
(‐‐)今でも精神論が生きてますね・・スポーツ界・・

インタビュー↓↓一部抜粋
■「人命軽視」、それが旧日本軍の本質
―-総体的に日本軍の戦い方はどう評価されますか?
日本軍は「非合理的」な組織だったのでしょうか?
一之瀬 日本軍の闘い方は人命軽視、この一点につきます。
人の命がものすごく安い。例えば後宮淳参謀次長は米軍戦車に肉弾攻撃をかけて自爆した
兵士は三階級特進させると主張し、それを「どうだ、立派な戦法だろう」と自慢するのですね。
これを聞いたのは八原博通という参謀ですが、彼もそのことに特に疑念を持っていない。
当時はそれが当たり前であったといえばそれまでですが、かつての日本人の命が非常に
安かったということは、やはりどこかで記憶しておく必要はある。

人命軽視は今も続いていますよ・・・(‐‐;)))
70年前の日本軍と日本兵の姿を米軍の目を通して見ることができる本のようです。
ぜひ読んでみたいと思います。
『日本軍と日本兵』米軍報告書は語る 著者:一之瀬俊也(講談社現代新書)


関連記事
スポンサーサイト


雑記帳  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toromogu.blog13.fc2.com/tb.php/799-451d8aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top